ルディ・ゴベール 右足骨挫傷で4~6週間離脱へ

【スポンサーリンク】

今後約1カ月、ユタ・ジャズはインサイドの要を欠きながら戦わなければならない。

ジャズによると、マイアミ・ヒート戦で右足を負傷したセンターのルディ・ゴベールがMRI検査を受け、骨挫傷を負っていることが分かったという。

4週間後に再検査を受ける予定であるため、最低でも4週間、最長で6週間は離脱する。

ゴベールはディオン・ウェイターズがルーズボールを追って飛び込んできた際に負傷。

ゴベールはウェイターズのダイブを「ダーティープレイ」と批判したが、その後は柔らかい物腰で対応している。

ゴベールの離脱中はデリック・フェイバーズが先発出場する予定。

フェイバーズはゴベールが欠場したブルックリン・ネッツ戦で先発出場し、24得点、12リバウンド、2ブロックショットを記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA