レブロン・ジェイムス「デニス・スミスJrはニックになるべきだった」

【PR】

再建中のニューヨーク・ニックスは、今年のドラフト8位指名権でポイントガードのフランク・エンティリキーナを獲得した。

一方、同じく再建中のダラス・マーベリックスは9位指名権でデニス・スミスJrを獲得。

スミスJrはすでにマブスの主力として活躍しており、ポテンシャルの高さを見せつけているが、先日対戦したクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスはスミスJrについて次のようにコメントした。the New York Timesが伝えている。

「ニックスは本当に良い選手を逃したよね。彼(スミスJr)はニックになるべきだった」

おそらくニックスのことは特に考えておらず、スミスJrを高く評価するための表現だと思われるが、ジェイムスはそれほどスミスJrにポテンシャルを感じたのだろう。

一方、ニックスに入団したエンティリキーナも才能の片鱗を見せつつある。

スミスJrとエンティリキーナ、どちらがいち早くスターダムを駆け上がるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】