レブロン・ジェイムス「フィル・ジャクソンに向けたコメントだった」

【PR】

レブロン・ジェイムスは、フィル・ジャクソン嫌いとしても知られている。

なぜなら、ジャクソンがニューヨーク・ニックスの球団社長を務めていた昨季、ジェームズのビジネスパートナーを「一味」とディスったためだ。

そのジェイムスは先日、ダラス・マーベリックスが今年のドラフト9位指名権で獲得したデニス・スミスJrを称賛し、「ニックスは本当に良い選手を逃した。彼はニックになるべきだった」とコメント。

ドラフト8位指名権でフランク・エンティリキーナを獲得したニックスをディスったように捉えられた。

このジェイムズの発言に対し、クリスタプス・ポルジンギスとエネス・カンターはエンティリキーナがディスられたと感じ、ジェイムズに反論したが、ジェイムズはコメントの意図を明かしたようだ。Cleveland.comが伝えている。

「明らかに彼(ジャクソン)に向けたものだった。間違いなくね。俺はフィル・ジャクソンのファンじゃない。君たちはもうそれを知ってるだろ?」

エンティリキーナを陥れるつもりはまったくなかったと説明したジェイムス。

だが、エンティリキーナはジェイムズの発言に憤慨していたのかもしれない。

日本時間14日の対戦でエンティリキーナとカンター、ジェイムスが一触即発の状況となる場面もあり、ニックスファンはジェイムズにブーイングを浴びせ続けた。

試合はキャブスが大逆転で勝利したものの、両チームはこれからも熱いバトルを繰り広げてくれそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】