マイケル・ジョーダンのサイン入りジャージーが盗まれる

【PR】

偉大なレジェンドであるマイケル・ジョーダン直筆サイン入りグッズは、オークションに出品すれば高値で落札される。

それを狙われたのだろうか。

1990年代、稀な病気と闘った女の子を励ますためにジョーダンがプレゼントしたサイン入りジャージーが盗まれてしまったようだ。

the Star Tribuneによると、サイン入りジャージーは祖父の家に保管していたものの、先月中旬に火事になり、家族が11月頭に家に戻ったところ、2人の男が略奪しているところに出くわしたという。

乗りつけた車に盗難品を詰め込んでいた2人の男には逃げられたとのことだ。

容疑者のうちの1人は逮捕されたが、ジョーダンのサイン入りジャージーはまだ見つかっていないと報じられている。

ジョーダンのサイン入りジャージーは非常に貴重、かつ高価な代物ではあるが、この家族にとってはそれ以上の意味を持つものだろう。

無事に手元に戻ってくることを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】