ルディ・ゴベール ディオン・ウェイターズの反論に「感情じゃない」

【PR】

ディオン・ウェイターズに衝突され、4~6週間の離脱を余儀なくされたユタ・ジャズのルディ・ゴベールは、怪我の要因となったウェイターズのダイブを「ダーティープレイ」と指摘した。

これに対し、ウェイターズは「人生において一度もダーティープレイヤーになったことはない」、「感情で話すな。俺に直接言え」と反論。

だが、ウェイターズの提案をゴベールが受け入れることはないようだ。

ウェイターズの反論に対し、ゴベールは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「俺の感情じゃない。俺の膝だ。そっちのほうが少し重要。バスケットボールをプレイしたい。誰かがその機会を君から奪ったら、君は感情を受け入れなきゃいけない」

「俺の回復はいつもすごく早いんだ。いそぐつもりはないし、バカなことをすることもない。ただ、それ(4週間)より早く復帰できる自信はかなりあるよ」

両チームの次の対戦は、日本時間1月8日に予定されている。

この対戦ではゴベールとウェイターズのバトルにも注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】