ルーク・ウォルトンHC 乱闘回避のロンゾ・ボールについて「学ぶ過程のひとつ」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのケンテイビアス・コールドウェル・ポープとフェニックス・サンズのタイラー・ユリスが乱闘になった際、ルーキーのロンゾ・ボールはこれに気付きながらも、歩いてベンチに戻った。

この問題を受け、ボールはチームメイトからおしかりを受けたようだ。

ルーク・ウォルトンHCによると、具体的な選手名は明かさなかったものの、ある選手がボールと話をしたという。ウォルトンHCのコメントをESPNが伝えている。

「我々のチームの誰かが彼と話をしたよ。これは学ぶ過程のひとつさ」

一方、チームメイトのブルック・ロペスもボールを擁護し、「彼はトラブルの外にいた。スマートだった」と話している。

ただ、過保護になりすぎず、ウォルトンHCもウォルトンの成長により積極的に関与してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA