デイビッド・リー 現役引退を発表

【スポンサーリンク】

昨季をサンアントニオ・スパーズで過ごした34歳のフォワード、デイビッド・リーが、現役引退を決断したようだ。

リーはインスタグラムで現役引退を発表。

リーによると、今月はじめに婚約したキャロライン・ウォズニアッキがリーの友人や家族を集め、リーの引退をサプライズで祝福したという。

今後はプロテニスプレイヤーであるウォズニアッキのサポートとして活動することになるかもしれない。

なお、昨季のリーはスパーズでレギュラーシーズン79試合に出場し、平均18.7分のプレイで7.3得点、5.6リバウンド、1.6アシスト、FG成功率59.0%、フリースロー成功率70.8%を記録。

キャリア12年を通し、ニューヨーク・ニックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ボストン・セルティックス、ダラス・マーベリックス、スパーズでレギュラーシーズン829試合に出場し、平均29.3分のプレイで13.5得点、8.8リバウンド、2.2アシスト、FG成功率53.5%、フリースロー成功率77.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA