ケビン・デュラント「ジョエル・エンビードには特に負けたくない」

【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で一時24点のリードを奪われたものの、第3Qの猛攻で逆転勝利した。

前半のシクサーズの猛攻にホームのファンは歓喜し、ジョエル・エンビードは会場を盛り上げ続けたが、後半に入ると一転。

ファンの声援は次第に小さくなり、エンビードからも覇気が消えた。

エンビードはTwitterで自信に満ち溢れたコメントをすることで有名だが、それゆえにウォリアーズは負けたくなかったようだ。

逆転勝利した後、デュラントは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「彼らには負けたくなかった。特にジョエルにはね。彼はすぐにTwitterのほうに行ってたし、バカはことを話してたから」

今季の両チームの対決は、ウォリアーズが2勝。

残念ながら両チームのレギュラーシーズンカードはこれが最後だった。

両チームがファイナルに進出すればシクサーズにリベンジのチャンスが訪れるだろうが、現時点では難しいだろう。

シクサーズが王朝を築くためには、ウォリアーズを倒すことが必須事項だ。

今季の悔しさをバネに、来季はさらなる熱戦を繰り広げてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA