カイリー・アービング「ブラッド・スティーブンスはクラッチタイムでの俺の才能を理解してる」

【スポンサーリンク】

トレードでクリーヴランド・キャバリアーズからボストン・セルティックスに移籍したカイリー・アービングは、クラッチタイムで優れたパフォーマンスを発揮し、チームを牽引している。

クラッチタイムには必ずアービングがボールを持ち、アービングはそれに応えるプレイを続けているわけだが、これにはブラッド・スティーブンスHCとの間にある信頼も関係しているようだ。アービングのコメントをthe Boston Globeが伝えている。

「彼(スティーブンスHC)は、クラッチタイムでの俺の才能を理解してる。特に第4Qでね。だけど、俺も彼の素晴らしい考えを理解してる。だから、準備をして、ウォークスルーを通ったりするとき、簡単に出ていくことができるんだ。俺は先を読むことができる。そして彼はプレイコールする。俺たちは互いに信頼関係を構築していってるんだ。簡単なことさ」

「彼からできるだけたくさんのことを学ぼうとしてる。自動車学校の教官がいて、その助手席に座ってるようなものさ。彼がずっと運転して、君を時々運転席に座らせる。君には道が見えるんだ」

スティーブンスHC率いるセルティックスはダラス・マーベリックスをオーバータイムの末に破り、16連勝を達成。

その原動力になったのは、やはりアービングだった。

果たしてセルティックスはどこまで成長していくのだろうか。

セルティックスのフランチャイズ連勝記録は、ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンを擁した2008-09シーズンの19連勝。

アービング擁する16連勝中のセルティックスは今後、マイアミ・ヒート、オーランド・マジック、インディアナ・ペイサーズ、デトロイト・ピストンズとの対戦を控えている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA