レブロン・ジェイムス フリースローを邪魔したレジー・ジャクソンに「大賛成」

【スポンサーリンク】

デトロイト・ピストンズの先発ポイントガード、レジー・ジャクソンのある行動が話題になっている。

先日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でジミー・バトラーがフリースロー3本中2本を決めた後、ジャクソンはバトラーに何やら話しかけ、バトラーは少し嫌気がさした表情を浮かべた。

そして、3本目を失敗して同点のチャンスを失い、ピストンズが勝利した。

ジャクソンのこの行動について質問されたクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「実は、俺も前にやったことがあるんだ。あれをやる前まで、俺たちはプレイオフシリーズで勝ってた。だから、俺は大賛成さ」

ギルバート・アリーナスのフリースロー失敗にも助けられ、ジェイムス率いるキャブスはワシントン・ウィザーズとのプレイオフシリーズを4勝2敗で制した。

この時、ジェイムスはアリーナスにこう話しかけたという。

「君が2本とも外せば、このゲームは終わるよ」

なお、痛恨のフリースローミスを犯したバトラーは試合後、こう語っていた。

「彼(ジャクソン)は何もやってない。俺が1本ミスしただけ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA