マイケル・ジョーダン サイン入りユニフォーム盗難被害の家族に再びプレゼント

【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンは1995年、稀な病気と闘っている女の子を励ますために直筆サイン入りジャージーをプレゼントした。

それから20年以上が過ぎた先日、その女性の祖父の家が火事になり、保管していたサイン入りジャージーが盗まれてしまった。

犯人の男2人組はすでに逮捕されたものの、ジョーダンのサイン入りジャージーはまだ見つかっていない。

この状況を知ったジョーダンが、粋な計らいをしたようだ。

thescore.comによると、ジョーダンは直筆サイン入りジャージーをその女性に再びプレゼントしたという。

2度に及ぶジョーダンの粋な計らいに、この女性はさぞ感激したことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA