デリック・ローズ キャブスのフロントオフィスに連絡か?

【PR】

現役引退を含めて去就を考えているというクリーヴランド・キャバリアーズのデリック・ローズに、進展があったようだ。

ESPNによると、ローズはキャブスのフロントオフィスと連絡を取り、今後の去就について話し合ったという。

まだ決断はできていないだろうが、この話し合いをきっかけに、現役続行に前向きになることを期待したいところだ。

足首の捻挫で離脱中のローズ。

現在はキャブスと行動を別にしており、精神的に難しい時間を送っている。

現役続行か引退か、結論を出すまでまだ時間を要するだろう。

なお、今季のローズは7試合に出場し、平均26.9分のプレイで14.3得点、2.6リバウンド、1.7アシスト、FG成功率47.0%、3P成功率23.1%、フリースロー成功率90.5%を記録。

キャリアを通してシカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックス、キャブスでレギュラーシーズン通算477試合に出場し、平均34.5分のプレイで19.4得点、3.7リバウンド、5.9アシスト、FG成功率45.1%、3P成功率29.7%、フリースロー成功率82.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】