ジョエル・エンビード「ターゲットになることは気にしてない」

【スポンサーリンク】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、挑発的な言動をとるプレイヤーのひとりだ。

TwitterなどのSNSでは他のプレイヤーを挑発するかのような言葉を吐き、コートでは相手を威嚇するようなシーンも見られるエンビード。

エンビードの言動を快く思わず、敵対視するプレイヤーも少なくないだろうが、当のエンビードはまったく気にしていないようだ。

他のプレイヤーからターゲットにされることについて、エンビードは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「それについては気にしてない。もし彼らが傷つきたいなら、強いメンタルを持ってないなら、それは俺の過ちじゃないよ」

ロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマ、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルと、すでに二人のルーキープレイヤーがエンビードの上からダンクを決めようとチャレンジした。

彼らがエンビードを敵対視していたとは限らないが、エンビードにチャレンジするプレイヤーはますます増えることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA