【スポンサーリンク】

ベン・シモンズ「フリースローを打つのは怖くない」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのルーキー・オブ・ザ・イヤー候補であるベン・シモンズは、ショットを苦手としているプレイヤーのひとりだ。

ワシントン・ウィザーズのスコット・ブルックスHCは先日、シモンズにハック作戦を仕掛け、結果としてシモンズは29本のフリースローを放ち、成功したのはわずか15本。

この成功率にもかかわらず、シクサーズのブレット・ブラウンHCがシモンズをベンチに下げることはなかった。

ハック作戦を仕掛けられたことを受け、シモンズは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「フリースローを打つのは怖くない。これが長く続くことはないだろうね。分かってると思うけど、俺は彼らをノックダウンさせるよ」

シモンズの今季のフリースロー成功率は56.0%、

ガードプレイヤーとしては低い部類に入るが、これが改善されればシクサーズにとって大きな意味を持つことになるだろう。

なお、今季のシモンズは20試合に出場し、平均35.6分のプレイで18.6得点、9.4リバウンド、7.2足ス後、2.3スティール、0.8ブロックショット、FG成功率50.7%、フリースロー成功率56.0%を記録。

3Pは8本放ち、まだ成功させていない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA