【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー 自身のショットについて「キャリアでもっとも厳しい」

ここ最近のカーメロ・アンソニーは、ショットの精度を落としている。

もともとショットアテンプトが多いタイプのプレイヤーではあるが、ここ数試合だけでなく、今季はキャリアワーストとなるFG成功率40.6%を記録。

所属するオクラホマシティ・サンダーも、波に乗れない状況が続いている。

グローバルゲームでブルックリン・ネッツに敗れた後、アンソニーは自身のショットの精度が落ちていることを認めたようだ。アンソニーのコメントをESPNが伝えている。

「ここ数試合のオフェンスは、俺にとって最も厳しいと思う。おそらくキャリアを通して最も厳しいだろうね」

今季のアンソニーはキャリア平均24.6得点を大きく下回る18.1得点にとどまっている。

とはいえ、ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージというスコアラーがいるため、それは想定できたことだろう。

問題は、ショットの精度だ。

アンソニーのショットの精度が上がってこない限り、サンダーにとって難しい時間が続くかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA