【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC「親の意見は取り入れない」

ロンゾ・ボールの父、ラバー・ボールはここ最近、ロサンゼルス・レイカーズの息子に対する指導方法や出場時間、戦略などに苦言を呈している。

ラバー・ボールの批判に対し、これまで口を閉ざしていたレイカーズだったが、ルーク・ウォルトンHCが口を開いたようだ。

ラバー・ボールが次々と批判を繰り返していることを受け、ウォルトンHCは次のように反応。the Orange County Registerが伝えている。

「我々が決めたコーチングやチームとして成長していこうとするやり方に、親の意見を取り入れることはない。ロンゾとの関係は、私にとってたくさんの意味があることだ。だから、私は彼とコンスタントに連絡を取り合う。ただ、我々が何をすべきかという他人の考えについては、私は関心がない」

ウォルトンHCの発言を受け、ラバー・ボールは少しはおとなしくなるだろうか。

とはいえ、先日は「俺が黙ることはない」と話していたことから、ラバー・ボールの口撃が止まることはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA