【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギス ロンゾ・ボールに「偉大なポイントガードたちとの対戦はタフ」

ラトビア出身のクリスタプス・ポルジンギスは、2015年のドラフト4位でニューヨーク・ニックスに入団した。

ポルジンギス獲得に反対していたファンも多く、ドラフトされた瞬間にはニックスファンからブーイングがあがったが、ポルジンギスはルーキーシーズンからチームの中心選手として活躍。

レプリカユニフォームが品切れになるほどの売上を記録し、今ではニックスのエースとしてファンに愛されるようになった

一方、ポルジンギスとは異なる境遇であるものの、ロサンゼルス・レイカーズのルーキー、ロンゾ・ボールもロードゲームでブーイングを浴びせられ続けている。

この状況について、ポルジンギスはドラフト当時を振り返りながら次のようにコメント。New York Daily Newsが伝えている。

「それぞれの状況は違うと思う。俺は(ブーイングを)気にしなかった。外野で何が起きてるのか、本当に気にしない。ドラフトされた時も、ブーイングにうんざりするようなこともまったくなかった。ただ嬉しかったんだ」

「NBAで最もタフなポジションはポイントガード。先発ポイントガードとして毎晩出場し、偉大なポイントガードと対戦する。タフだ」

ポルジンギスはアウトサイドショットと機動力があるビッグマンであり、そのようなプレイヤーはそう多くない。

一方、ポイントガードのポジションにはスーパースターが多いため、ボールはタフなマッチアップを強いられている。

とはいえ、ボールにとって良い経験であり、いずれはそれをレイカーズに還元してくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA