【スポンサーリンク】

レイカーズ ルーク・ウォルトンHC批判のラバー・ボールに警告

ロンゾ・ボールの父であるラバー・ボールは先日、ロンゾ・ボールの起用法や指導法に苦言を呈した。

それ以降も何かと批判を続けているラバー・ボールに対し、レイカーズがようやく重い腰を上げたようだ。

ラバー・ボールによると、ポジティブな空気を保つためにウォルトンHC批判を和らげるようレイカーズから要求されたという。ラバー・ボールのコメントをESPNが伝えている。

「みんながエゴにしようとしてる。そういうことじゃない。ひとつになり、この問題の解決法を見つけようとしてるんだ」

「他の人たちにはクレイジーに聞こえるかもしれない。だけど、俺はロンゾにとってベストとなることを求めてる。ロンゾにとってベストなことは、組織にとってもベストなことになるだろう」

これにより、ラバー・ボール・ルールはいったん決着を見たと言えるだろう。

組織に苦言を呈したくなる気持ちは分からないではないが、レイカーズと息子をもっと信頼し、辛抱強く見守ってもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA