【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「ケミストリーの問題はない」

カーメロ・アンソニーの古巣であるニューヨーク・ニックスに敗れたことで、オクラホマシティ・サンダーの勝率は再び5割を切った。

アンソニー、ポール・ジョージ、ラッセル・ウェストブルックと、リーグを代表するスーパースターを3人擁しながらも難しい状況を強いられているだけに、ケミストリーの問題を指摘されるのは当然だろう。

だが、アンソニーはケミストリーを問題視していないようだ。アンソニーのコメントをESPNが伝えている。

「俺たちにケミストリーの問題は絶対にない。俺たちは仲間のためにプレイするのが好きだし、楽しい。ケミストリーの問題は一度だってない。やり方を見つけなきゃいけないけど、このグループにケミストリーの問題はない」

アンソニーとウェストブルックはボールを持ってプレイするタイプであるため、ボールムーブメントが危惧されていた。

実際、サンダーの1試合における平均パス本数はリーグ25位にとどまっているという。

偉大なスタープレイヤーたちをどう使っていくのか、ビリー・ドノバンにとって難しい仕事になりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA