キングス ジョージ・ヒルをトレードか?

【スポンサーリンク】

ベテランポイントガードのジョージ・ヒルは、オフシーズン中にサクラメント・キングスと3年5700万ドルの契約を結んだ。

だが、キングスでのキャリアは1年を待たずに終わってしまうかもしれない。

Sporting Newsによると、キングスはヒルのトレードを計画しており、市場調査をスタートさせたという。

プレイオフ復帰を狙い、若手とベテランを融合させたキングスだが、今季ここまで10勝20敗と、プレイオフ復帰は難しい状況となっている。

そのため、ベテランポイントガードのジョージ・ヒルをトレードで放出することで、若手ポイントガードのディアーロン・フォックスとフランク・メイソンの出場時間を増やし、経験を積ませたいのだろう。

とはいえ、31歳のヒルはまだ第一線で活躍できるプレイヤーであり、ヒルのトレード獲得に動くチームが現れる可能性は高い。

キャリアが晩年に差し掛かりつつあるヒルとしても、悲願のタイトル獲得を狙えるチームへの移籍を望むに違いない。

果たしてヒルのトレードは実現するのだろうか。

なお、今季のヒルは26試合に出場し、平均26.0分のプレイで9.8得点、3.0リバウンド、2.6アシスト、FG成功率46.7%、3P成功率46.7%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してサンアントニオ・スパーズ、インディアナ・ペイサーズ、ユタ・ジャズ、キングスでレギュラーシーズン通算625試合に出場し、平均28.9分のプレイで11.7得点、3.2リバウンド、3.3アシスト、FG成功率45.3%、3P成功率38.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA