元キャブスのデリック・ウィリアムス 中国リーグのチームと契約

【スポンサーリンク】

2011年のドラフト2位プレイヤーであるデリック・ウィリアムスが、今季を中国リーグで過ごす模様。

ESPNによると、ウィリアムスは中国リーグの天津ゴールドライオンズと契約したという。

これまで多くのNBAプレイヤーが中国リーグでプレイし、JR・スミスやマイケル・ビーズリーは中国リーグで過ごした後にNBAでキャリアを取り戻した。

ウィリアムスとしても、NBA復帰へ向けた前段階としたいところだろう。

昨季途中にクリーヴランド・キャバリアーズに加わるも、2017-18シーズンのロスター入りはならなかったウィリアムス。

まだ26歳と若いため、中国リーグで経験を積み、NBAで復活してもらいたい。

なお、ウィリアムスはキャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズ、サクラメント・キングス、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒート、キャブスでレギュラーシーズン通算426試合に出場し、平均20.8分のプレイで8.9得点、4.0リバウンド、0.7アシスト、FG成功率43.4%、3P成功率30.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA