ポール・ピアース「永久欠番式典時にアイザイア・トーマスのトリビュートムービーは見たくない」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのアイザイア・トーマスは、TDガーデンで行われた付する凱旋試合でトリビュートムービーを上映しないようボストン・セルティックスに要請した。

トーマスはコートでプレイできる時に上映してほしいと伝え、これにセルティックス側も応えた形となったわけだが、キャブスが次のTDガーデンを訪れるのは日本時間2月12日。

つまり、セルティックスはこの日にトーマスのトリビュートムービーを上映する可能性がある。

だが、この日はポール・ピアースの永久欠番セレモニーが開催されるということを忘れてはならない。

この件について、当のピアースは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「アイザイアのトリビュートムービーを上映すべきじゃないと言ってるわけじゃないよ。ただ、その日は俺のジャージーが永久欠番になる。大型モニターを見上げてアイザイアのハイライトは見たくないかな」

ピアースの望みが叶うのであれば、今季中にトーマスのトリビュートムービーが上映される可能性は失われてしまう。

あるとすればプレイオフ中の上映となるであろうが、大事な一戦であるだけに、セルティックスがその日にトリビュートムービーを上映することはないだろう。

約1カ月後、セルティックスはどう動くのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA