カーメロ・アンソニー「レフェリーとプレイヤーのコミュニケーションがない」

【スポンサーリンク】

過去と比較し、今季はレフェリーのコールに不満を爆発させるプレイヤーが多いように見える。

今後、レフェリーとプレイヤーの間で話し合いの場がもたれる予定のようだが、オクラホマシティ・サンダーのベテランフォワード、カーメロ・アンソニーがレフェリーのプレイヤーの関係性の変化に言及した模様。

アンソニーはリーグに入った当時と今を比較し、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺がここに来た15年前と比べると、ゲームは多くの点で変化したよね。(以前は)プレイヤーとオフィシャルは話をし、良かろうと悪かろうと彼ら(オフィシャル)はプレイヤーたちを静めてた。納得できる点がいつもあったんだ」

「今について言うと、トリガーが速すぎる。オフィシャルが間違ったことを見ると、テクニカルファウルだ。間違ったことを言うと、テクニカルファウルだ。それが俺がここに来た時と今の違いかな。プレイヤーとオフィシャルの間の話、コミュニケーション、関係性。俺がここに来た時と今とでは、たくさんのことが変わった。今はコミュニケーションがないんだ」

「ただゲームが変わっただけだと思う。ゲームのルールが変わった。スタイルが変わった。ゲームがよりアップテンポになったから、関係性を築き上げる時間がなくなったのかもしれないね」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは以前、「オフィシャルがゲームをダメにしてる」と厳しく批判した。

今後行われる予定の話し合いをきっかけに、リーグ一丸となってゲームに集中できる環境を整えてもらいたいところだ。

なお、選手協会とレフェリー協会の話し合いはオールスターブレイク中に行われる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA