ダミアン・リラード クリス・ポールに苦言

【PR】

ヒューストン・ロケッツのクリス・ポールはポートランド・トレイルブレイザーズ戦でシーズンハイとなる37得点を記録し、チームを勝利に導いた。

だが、すでにロケッツの勝利が決まっていた最終盤にポールがレイアップを放ったことに、少なくともダミアン・リラードは怒りを感じたようだ。

リラードはポールが最終盤に決めたレイアップについて、次のように指摘。thescore.comが伝えている。

「彼ら(ロケッツ)は勝った。俺たちより多くのことをした。ただ、スポーツマンシップとリスペクトというものがある。立場が逆なら、俺たちはあんなことはしなかったと思う」

暗黙のルールとして、勝負がすでについている状況において、リードしているチームが得点をあげることはリスペクトを欠いた行為とされている。

ポールはブレイザーズがすでに勝利を諦めている時にレイアップを決めただけに、リラードが怒りを覚えたのも無理ないことなのかもしれない。

なお、問いただしに来たリラードに対し、ポールは次のように答えたという。

「君たち全員、ディフェンスしてなかったからね」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】