ルー・ウィリアムス クリッパーズと延長契約交渉か?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのルー・ウィリアムスは、今季中にクリッパーズと延長契約を結ぶことができる。

今季はキャリアベストの時間を送っており、負傷者続出のクリッパーズを支えるパフォーマンスを続けているが、チームもそれを高く評価しているのかもしれない。

Yahoo Sportsによると、ウィリアムスとクリッパーズは延長契約の交渉を行ったという。

現時点で交渉はまとまっていないようだが、2月のトレード期限が過ぎ、今季のロスターがほぼ確定すれば、延長契約交渉は一気に加速する可能性がある。

ウィリアムスは延長契約について次のようにコメント。Yahoo Sportsが伝えている。

「正直に話すと、(トレード)されなければ良いね。俺はこのバスケットボールチームに身も心も捧げてる。ここでホームを見つけたい。ここの男たちと絆を築き始めてる。ここがキャリアを終える場所であってほしいね」

延長契約を結ばなければ、ウィリアムスは今季終了後に完全FAになる。

ディアンドレ・ジョーダンの去就が不透明であることが、ウィリアムスとの延長契約交渉を難しくしていると思われるが、ウィリアムスには長くクリッパーズを牽引する働きを期待したいところだ。

なお、今季のウィリアムスは39試合に出場し、平均31.5分のプレイで22.9得点(キャリアハイ)、2.6リバウンド、4.9アシスト、FG成功率45.0%(キャリアハイ)、3P成功率41.2%を記録。

キャリアを通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、アトランタ・ホークス、トロント・ラプターズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、クリッパーズでレギュラーシーズン通算821試合に出場し、平均24.0分のプレイで13.3得点、2.1リバウンド、3.0アシスト、FG成功率42.0%、3P成功率35.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA