ロンゾ・ボール ラバー・ボールのルーク・ウォルトHC批判に「父の意見」

【PR】

過激発言で注目を集めているラバー・ボールは先日、ロサンゼルス・レイカーズのルーク・ウォルトンHCについて「誰も彼のためにプレイしたがってない」、「もはやつながりがない」などと厳しく批判し、まるで解雇を促すような発言をした。

一方、ウォルトンHCはラバー・ボールの批判に「特に気にしない」としたが、直属の上司と父の間で板挟みになっている息子ロンゾ・ボールも静観する構えだ。

父ラバー・ボールの発言について、ロンゾ・ボールは次のように言及。the OC Registerが伝えている。

「あれは彼(ラバー・ボール)の意見。彼は全人生を通して俺をコーチングしてきた。だから、彼は強い意見を持ってるんだ。そういうことさ」

レイカーズ側はラバー・ボールの自由奔放な言動がロンゾ・ボールに悪影響を及ぼさないか心配しているというが、レイカーズが再建を果たさない限り、ラバー・ボールの苦言は続くことになるだろう。

一方、息子ロンゾ・ボールには周囲のプレッシャーに屈することなく、スターダムを駆け上がってもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】