ニックス レイモン・セッションズ解雇へ

【PR】

ニューヨーク・ニックスがロスターの調整に動く模様。

Philadelphia Inquirerによると、ニックスはベテランポイントガードのレイモン・セッションズを間もなく解雇するという。

セッションズは昨年夏にベテランミニマム契約でニックスに加入。

ジェフ・ホーナセックHCはベテランのジャレット・ジャックを先発ポイントガードのポジションに起用し、そのバックアップにはルーキーのフランク・エンティリキーナを選択している。

31歳のセッションズはまたしても所属先を探すこととなるが、そろそろホームと呼べるチームを見つけたいところだろう。

なお、今季のセッションズは13試合に出場し、平均12.8分のプレイで3.7得点(キャリアワースト)、1.4リバウンド(キャリアワースト)、2.1アシスト(キャリアワースト)、FG成功率32.1%(キャリアワースト)、3P成功率18.2%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、シャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)、サクラメント・キングス、ワシントン・ウィザーズ、シャーロット・ホーネッツ、ニックスでレギュラーシーズン通算676試合に出場し、平均23.5分のプレイで10.4得点、2.7リバウンド、4.1アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率31.4%を記録している。

ニックスはセッションズを解雇した後、ポイントガードのトレイ・バークと正式に契約する見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】