【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド「新しい章のはじまり」

デトロイト・ピストンズは先日のトレードでトバイアス・ハリス、エイブリー・ブラッドリー、ボバン・マリヤノビッチ、2つのドラフト指名権をロサンゼルス・クリッパーズへ放出し、ブレイク・グリフィン、ウィリー・リード、ブライス・ジョンソンを獲得した。

グリフィンは長年の相棒であるディアンドレ・ジョーダンと別れ、新たにオールスターセンターのアンドレ・ドラモンドとコンビを組むことになるが、ドラモンドはグリフィンとのプレイを心待ちにしているようだ。

グリフィンの加入について、ドラモンドは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「新しい章のはじまりだ。3人の男たちが新たに加わる。本当に楽しみだ。ブレイクはとんでもないプレイヤー。素晴らしいパサーでもあるよね。彼と一緒に新たな帝国を築き上げることを楽しみにしてる」

「ディアンドレより、俺のゲームは少しオフェンシブだと思う。ただ、もっとおもしろくなると思うよ」

グリフィンは健康面が気になるところだが、怪我なくシーズンを過ごすことができれば、ピストンズにとって大きなオプションとなるだろう。

ジョーダンとグリフィンのようなコンビネーションプレイはピストンズでも実現できるだろうか。

なお、グリフィンは日本時間2月2日に行われるメンフィス・グリズリーズとのホームゲームでピストンズデビューすると予想される。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA