ニコラ・ミロティッチ ボビー・ポーティスと「コート外では話さなかった」

【スポンサーリンク】

ニコラ・ミロティッチがシカゴ・ブルズにトレードを要求したのは、やはりボビー・ポーティスとの関係が大きな要因だったのかもしれない。

ミロティッチによると、ボビー・ポーティスとは仕事上、コートで話しはしたものの、コート外では決して話さなかったという。

ミロティッチはポーティスとの関係について次のようにコメント。the Chicago Tribuneが伝えている。

「起こったことは残念だ。俺たちはプロフェッショナルであろうとした。コートの上では仕事をまっとうしようとしていたし、そうした。コート外では一度も話さなかった。一度だけ(飛行機の中で)トランプをした。ぎこちなかったよ。そして、俺たちはもう一緒にプレイしない」

トレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍したミロティッチ。

ブルズとはカンファレンスが違うため、レギュラーシーズン中にポーティスとの対戦が実現する可能性はない。

プレイオフで対戦する可能性も限りなく低いため、両者の対決は来季に持ち越しだ。

果たしてコート上の二人はどのようなバトルを繰り広げるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA