【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール ジョン・ウォール不要説に「ある意味滑稽」

オールスターポイントガードのジョン・ウォールが負傷離脱して以降、ワシントン・ウィザーズは5連勝を記録している。

先日のトロント・ラプターズ戦を制した後、センターのマーチン・ゴータットは「信じられない勝利!素晴らしい“チーム”の勝利だ!」とツイート。

これをきっかけにウォールとチームの関係性に注目が集まり、ウォール不要説まで出てくる事態となったが、オールスターガードのブラッドリー・ビールがウォール不要説を一蹴したようだ。ビールのコメントをThe Washington Postが伝えている。

「ジョン抜きのほうが良いチームだって言うことは、ある意味滑稽だよね。リアルにしてやるよ」

「彼は俺たちのフランチャイズのヘッドであり、オールスターに5度選出されてる。現実的になろうよ。ジョン抜きでプレイする方法を見つけることは、我々に利益をもたらすだろうね。現実は現実だ。彼は怪我をした。怪我してほしくなかったけど、怪我してしまった。俺たちは彼抜きでプレイする方法を見つけなきゃいけないんだ」

ウォール不在の間にチーム力が高まれば、基盤がより強固されることだろう。

一方、復帰後のウォールには結果を残さなければならないというプレッシャーがかかるかもしれない。

なお、今季のウォールは37試合に出場し、平均34.3分のプレイで19.4得点、3.6リバウンド(キャリアワースト)、9.3アシスト、1.3スティール、1.1ブロックショット(キャリアハイ)、FG成功率41.7%、3P成功率35.8%(キャリアハイ)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算537試合に出場し、平均35.9分のプレイで18.9得点、4.4リバウンド、9.2アシスト、1.7スティール、0.7ブロックショット、FG成功率43.2%、3P成功率32.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA