セス・カリー 脛骨手術で今季全休へ

【PR】

ダラス・マーベリックスのセス・カリーは今季、まだコートに立つことができていない。

そして、今季全休が決定した。

ESPNによると、カリーは左脛骨の手術を受け、今季全休になるという。

復帰まで12~14週間程度かかるとされているため、完全FAになる頃には健康体を取り戻すことができるだろう。

とはいえ、今後の契約に影響を及ぼす可能性は否定できない。

なお、カリーはキャリア5年を通してメンフィス・グリズリーズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、フェニックス・サンズ、サクラメント・キングス、マブスでレギュラーシーズン通算118試合に出場し、平均23.2分のプレイで10.2得点、2.1リバウンド、2.2アシスト、0.9スティール、FG成功率47.3%、3P成功率43.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】