チャニング・フライ キャブスの不振は「コート上のケミストリー」

【スポンサーリンク】

ベテランビッグマンのチャニング・フライは、先日のトレードでアイザイア・トーマスと共にクリーヴランド・キャバリアーズからロサンゼルス・レイカーズへ移籍した。

フライによると、キャブスの不調はコート外のケミストリーではなく、コート内のケミストリーが原因だったという。

フライはキャブスについて次のように言及。ESPNが伝えている。

「機能してなかったと思う。コート外のケミストリーが原因でそうなったんじゃないと思う。みんなとはいつも話をしてたからね。コート上の問題じゃないかな。ギブ&テイクがなかった。互いのために犠牲にならなかったと思う。多くの男たちは異なるシステムで成功してきたよね。調整するのに十分な時間がなかった。そしてああなったんだ」

キャブスはトーマス、フライ、デリック・ローズ、イマン・シャンパート、ジェイ・クラウダー、ドウェイン・ウェイドをトレードで放出し、ジョーダン・クラークソン、ラリー・ナンスjr、ジョージ・ヒル、ロドニー・フッドを獲得した。

経験には劣るものの、身体能力とエネルギーが加わったと言えるだろう。

このトレードをきっかけに、キャブスは調子を取り戻せるだろうか。

新たな布陣で迎えたボストン・セルティックス戦は快勝。

この調子を続け、復権を果たしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA