ウィザーズ FAガードのレイモン・セッションズと接触か?

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズはユタ・ジャズに解雇されたデリック・ローズ獲得に動くと噂されている。

だが、ローズには恩師トム・ティボドーHC率いるミネソタ・ティンバーウルブズも獲得に動くとされており、ウィザーズが獲得できる保証はない。

そのため、他のFAポイントガード獲得も模索しているよう模様。

The Washington Postによると、ウィザーズはニューヨーク・ニックスから解雇されたベテランポイントガードのレイモン・セッションズと接触したという。

セッションズは昨年夏にニックスと契約したものの、十分な出場時間を与えられずにいると、ポイントガードのトレイ・バーグが加わった影響で解雇された。

ウィザーズはオールスターポイントガードのジョン・ウォールに加え、バックアップガードのティム・フレイザーも鼻を骨折したため、早急に補強したいところだろう。

なお、今季のセッションズはニックスで13試合に出場し、平均12.8分のプレイで3.7得点(キャリアワースト)、1.4リバウンド(キャリアワースト)、2.1アシスト(キャリアワースト)、FG成功率32.1%(キャリアワースト)、3P成功率18.2%を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、シャーロット・ボブキャッツ、サクラメント・キングス、ウィザーズ、シャーロット・ホーネッツ、ニックスでレギュラーシーズン通算676試合に出場し、平均23.5分のプレイで10.4得点、2.7リバウンド、4.1アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率31.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA