【スポンサーリンク】

マーカス・スマート 手の怪我で「シーズンが終わったと思った」

ホテルに飾ってあった額縁を殴ったことで手を負傷し、離脱を余儀なくされたボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、間もなく復帰する見込みだ。

だが、ひとつ間違えていたら今季全休の可能性があった模様。

スマートは自身の怪我を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「医者に言われたんだ。ガラスの破片は2本の腱の間にあるとね。腱を切ってたら、シーズン全休となる手術を受けなきゃいけなかっただろう」

まさに不幸中の幸いと言えるだろう。

セルティックスは現在、イースタン・カンファレンス2位。

スマートにはセルティックスの首位奪還に貢献してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA