【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード ヤニス・アンテトクンポを「シクサーズに勧誘した」

新たなフォーマットを採用した2018オールスターゲームは、大成功で終えたと言って良いだろう。

ここ数年のオールスターゲームと比較すると、プレイヤーたちには明らかに競争意識があり、見応えのあるゲームだった。

一方、コート外では例年通り、オールスタープレイヤーたちが親交を深めたようだ。

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは先日、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスとコミュニケーションをとり、FAになるであろう来年夏にバックスに誘いたいと発言していたが、そのアンテトクンポをフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードが勧誘したようだ。

エンビードからの勧誘について、アンテトクンポは次のようにコメント。Milwaukee Journal Sentinelが伝えている。

「彼は俺にこう言ったんだ。『俺はプロセスを信じてる。俺たちのところに来て、フィリーのためにプレイしてくれ』とね。たた笑うしかなかったよ」

シクサーズは2013年のドラフトでアンテトクンポではなく、マイケル・カーター・ウィリアムスを指名した。

カーター・ウィリアムスはルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞するも、その後は低迷。

一方のアンテトクンポはシーズンを経るごとに成長しており、今やリーグを代表するスーパースターのひとりになった。

アンテトクンポがシクサーズに移籍する可能性は現時点では限りなく低いであろうが、もしシクサーズに移籍すれば、アンテトクンポ、エンビード、ベン・シモンズという恐ろしいビッグ3が誕生することになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA