【スポンサーリンク】

半月板損傷のジミー・バトラー 手術で4~6週間離脱へ

今季からミネソタ・ティンバーウルブズでプレイしているオールスターフォワードのジミー・バトラーは、先日のヒューストン・ロケッツ戦で右膝を負傷した。

怪我した当初は前十字靭帯断裂も危惧されたが、MRI検査を受けた結果、半月板の損傷であることが判明。

この結果を受け、バトラーは手術を受けたようだ。

cbssports.comによると、手術は無事成功し、復帰まで4~6週間程度を要するという。

具体的な復帰時期については明かされていないようだが、レギュラーシーズン全休となる可能性もありそうだ。

ウルブズは現在、ヒューストン・ロケッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズに次ぐウェスタン・カンファレンス3位。

同8位のニューオーリンズ・ペリカンズとはわずか2.5ゲーム差であるため、予断を許さないプレイオフレースが続くことになるだろう。

バトラーの離脱は、プレイオフ復帰を狙うウルブズにとって大きな痛手であるのは間違いない。

なお、今季のバトラーは56試合に出場し、平均37.1分のプレイで22.2得点、5.4リバウンド、5.0アシスト、1.9スティール、FG成功率47.3%(キャリアハイ)、3P成功率35.6%を記録。

キャリアを通してシカゴ・ブルズとウルブズでレギュラーシーズン通算455試合に出場し、平均32.9分のプレイで16.4得点、4.9リバウンド、3.4アシスト、1.5スティール、FG成功率45.2%、3P成功率34.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA