マイケル・マローンHC「ニコラ・ヨキッチをMVP議論に加えるべき」

【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチは、オールスターブレイク後の初戦でトリプルダブルを記録し、チームを勝利に導いた。

ヨキッチがトリプルダブルを記録したのは、これで3試合連続だ。

このパフォーマンスを目の当たりにしているナゲッツのマイケル・マローンHCはヨキッチが過小評価されていると感じている。

マローンHCはオフィシャルに対する皮肉を交えながら次のようにコメント。slamonline.comが伝えている。

「彼をMVP議論に加えるべきだ。彼は最高のオールラウンダープレイヤーのひとり。現時点のNBAにおいて、彼はベストプレイヤーのひとりさ。どこかの時点で彼と我々は(オフィシャルから)リスペクトされるだろう。なぜなら、今の我々はリスペクトされてないからね」

ヨキッチの他、ナゲッツでは若手プレイヤーたちが成長しており、現在はウェスタン・カンファレンス6位。

ベテランフォワードであるポール・ミルサップの復帰も近いと報じられており、ヨキッチを中心としたナゲッツにはますますの躍進を期待したいところだ。

なお、今季のヨキッチは52試合に出場し、平均31.5分のプレイで17.2得点(キャリアハイ)、10.6リバウンド(キャリアハイ)、6.0アシスト(キャリアハイ)、1.1スティール(キャリアハイ)、0.8ブロックショット、FG成功率48.8%(キャリアワースト)、3P成功率36.9%(キャリアハイ)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算205試合に出場し、平均26.4分のプレイで14.2得点、8.9リバウンド4.2アシスト、1.0スティール、0.7ブロックショット、FG成功率53.1%、3P成功率34.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA