【スポンサーリンク】

デリック・ローズ「自分がどんなタイプのプレイヤーか理解してる」

元MVPのデリック・ローズは、2月のトレードでクリーヴランド・キャバリアーズからユタ・ジャズへ移籍し、ジャズから解雇された後にミネソタ・ティンバーウルブズと今季終了までの契約を結んだ。

度重なる大怪我でかつてのパフォーマンスを失い、ロールプレイヤーとなったローズだが、周囲の批判は気にせず、自身のパフォーマンスに集中する構えだ。

ローズは自身について次のように言及。the Star Tribuneが伝えている。

「俺がどう感じるかだ。君たちは君たちの見方で俺を評価できる。プレイできない、シュートできない、とかあれこれ評価できる。大丈夫。クールさ。それに対して変な感情は持ってない。クールだと思ってるよ。それが君たちの感じ方なら、そういうことだ」

「ただ、俺は君たちの評価を必要としてない。俺は自分自身を理解してるし、自分がどんなタイプのプレイヤーなのか理解してるんだ」

ローズは明日のゴールデンステイト・ウォリアーズでウルブズデビューすると見られている。

恩師トム・ティボドーHCの下、29歳のローズにはキャリアを取り戻してもらいたいところだ。

なお、今季のローズは16試合に出場し、平均19.3分のプレイで9.8得点(キャリアワースト)、1.8リバウンド(キャリアワースト)、1.6アシスト(キャリアワースト)、FG成功率43.9%、3P成功率25.0%を記録。

キャリアを通してシカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックス、キャブスでレギュラーシーズン通算486試合に出場し、平均34.2分のプレイで19.2得点、3.6リバウンド、5.8アシスト、FG成功率45.1%、3P成功率29.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA