ニック・コリソン「サンダーの課題は一貫性」

【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック率いるオクラホマシティ・サンダーは、オフシーズン中のトレードでポール・ジョージとカーメロ・アンソニーを加えたことにより、躍進が期待されていた。

だが、チームとして安定したパフォーマンスを続けることができず、現在は39勝29敗でウェスタン・カンファレンス6位。

同10位のユタ・ジャズまでわずか1.5ゲーム差と、プレイオフ進出へ向けて予断を許さない状況が続いている。

シアトル・スーパーソニックス時代からの大ベテランであるニック・コリソンは、チームの問題は一貫性にあると感じているようだ。コリソンのコメントをThe Oklahomanが伝えている。

「知ってると思うけど、プレイオフではすべてのポゼッションが重要だ。今季の我々は一貫性の問題を抱えている。ただ、俺たちのチームにはベテランが多いし、強豪チーム相手には良いプレイをしてるよね。ポゼッションごとに一貫性を見つけることが重要。一貫性は俺たちにとって大きなものになると思う」

ウェスト7位、もしくは8位でプレイオフに進出する場合、ヒューストン・ロケッツもしくはゴールデンステイト・ウォリアーズとファーストラウンドで対戦することになる。

サンダーとしては少しでも順位を上げ、ロケッツおよびウォリアーズとのファーストラウンドでの対戦は避けたいところだろう。

レギュラーシーズン終了まであと約1カ月。

サンダーはこの問題を克服することができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA