マーカス・スマート 右手親指腱損傷で長期離脱?

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのマーカス・スマートが、怪我で再び離脱することになってしまったようだ。

Yahoo!Sportsによると、スマートは右手親指の腱を損傷し、離脱するという。

復帰タイミングについては明らかになっておらず、スマートはセカンドオピニオンを求めて他の医師をあたると報じられている。

スマートは先日、ホテルに飾ってあった額縁を殴り、手の負傷で約1カ月離脱。

復帰後もセルティックスを支えるパフォーマンスを続けていただけに、チームにとっては手痛い離脱となりそうだ。

ゴードン・ヘイワード、ダニエル・タイスに続き、スマートの離脱により、セルティックスは難しい状況を強いられることになる。

オールスターポイントガードのカイリー・アービングも膝に問題を抱えているため、プレイオフシリーズに大きな影響が及ぶことになるかもしれない。

なお、今季のスマートは54試合に出場し、平均29.9分のプレイで10.2得点、3.5リバウンド、4.8アシスト(キャリアハイ)、1.3スティール(キャリアワースト)、FG成功率36.7%(キャリアハイタイ)、3P成功率30.1%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算261試合に出場し、平均28.7分のプレイで9.4得点、3.7リバウンド、3.9アシスト、1.5スティール、FG成功率36.0%、3P成功率29.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA