【スポンサーリンク】

ディアンドレ・エイトン 2018ドラフトエントリー表明

アリゾナ大学の1年生ビッグマン、ディアンドレ・エイトンが、2018年のNBAドラフトにエントリーすることを表明した模様。

エイトンはドラフト1位もしくは2位指名が予想されており、チャールズ・バークレーは先日、ニューヨーク・ニックスに対し「エイトンを指名すべき」と発言していた。

ドラフトにエントリーするにあたり、エイトンは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「このチームでたくさんのことを学び、たくさんの関係を築いてきた。俺が実際に大好きだった唯一のチーム。ワイルドキャットになるのは素晴らしいことさ」

「現時点において、ドラフトエントリーは適切なことだと思う。NBAの準備はできてると思う。学校をしっかり終えて、この夏はドラフトのためにトレーニングし、プレイしなければならない」

身長216cmながら高い機動力を持ち、即戦力として期待されるエイトン。

ここ数年はジョエル・エンビードやディアンドレ・ジョーダン、アンドレ・ドラモンド、ニコラ・ヨキッチ、カール・アンソニー・タウンズなどが台頭し、再びビッグマンに注目が集まっているだけに、エイトンにもリーグを代表するビッグマンに成長してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA