ロンゾ・ボール「チームを助けるためにできることをやった」

【PR】

若手を中心に再建を目指すロサンゼルス・レイカーズは、この夏にレブロン・ジェイムス、ポール・ジョージ、デマーカス・カズンズの獲得に動くと噂されている。

ロンゾ・ボールの父親であるラバー・ボールは以前、ロンゾ・ボールのスタイルはスタープレイヤーたちに共にプレイさせたいと思うものであると発言し、スタープレイヤー獲得に成功する自信をうかがわせていたが、ロンゾ・ボールが自らFAスタープレイヤーの勧誘に動くことはないようだ。

スタープレイヤーたちに対する勧誘活動について、ロンゾ・ボールは次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

「俺はチームを助けるためにできることをやった。それに関して、俺にできることはもうないよ」

ジェイムスは移籍先候補を4チームに絞っており、その中にはレイカーズも含まれていると噂されている。

とはいえ、どのスーパースターが加わったとしても、ロンゾ・ボールには中心プレイヤーとしてレイカーズを牽引してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】