カイル・クーズマ「全リーグが俺たちを見てる」

【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC率いるロサンゼルス・レイカーズは、若手中心に再建している。

今季は35勝47敗、勝率42.7%で終わったものの、未来を感じさせてくれるシーズンだったと言えるだろう。

華々しいルーキーシーズンを送ったカイル・クーズマは、レイカーズが再び注目を集め始めていることを実感しているようだ。

クーズマは2017-18シーズンを振り返り、次のようにコメント。Sports Illustratedが伝えている。

「俺たちは成績で示すことができなかった。だけど、全リーグが俺たちを見てるように感じてるんだ」

「ゾー(ロンゾ・ボール)と一緒にコートに立つと、注目を集めるよね。彼はスコアリングでファンを唸らせるタイプじゃない。ただ、真のバスケットボールファンなら、彼がやってることの美しさを評価するだろう。彼にはリバウンドもある。前を走ると、彼はドリブルなしで60フィートパスを投げるんだ」

ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックのコンビが誕生した当時、オクラホマシティ・サンダーは決して良いチームではなかった。

だが、コンビ結成2年目となる2009-10シーズンにプレイオフに進出すると、2011-12シーズンにはファイナルに進出するなど、リーグを代表する強豪チームに成長したのだ。

クーズマとボール擁するレイカーズには、名門復活を成し遂げてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA