スティーブ・カーHC「ドレイモンド・グリーンのディフェンスは素晴らしかった」

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンスファイナル第1戦開始約67秒後にテクニカルファウルをコールされた。

だが、その後は落ち着きを取り戻し、5得点にとどまるも、9リバウンド、9アシスト、2スティール、2ブロックショットで勝利に貢献。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCも、グリーンの貢献を高く評価しているようだ。

カーHCはグリーンについて次のようにコメント。mercurynews.comが伝えている。

「ドレイモンドは自分が何をやってるか理解してる。彼は大丈夫さ」

「彼のディフェンスは素晴らしかった。それに、多くの点でゲームをコントロールしてたよね。彼は素晴らしいプレイヤーさ。彼がやってることを説明するのは難しい。ただ、彼は完璧な現代のNBAプレイヤーなんだ」

ハーフタイムに入り、ロッカールームへ向かう際、ロケッツのファンがグリーンに対してヤジを飛ばした。

だが、グリーンはこれに反応することなく、平常心を保ったという。

かつてNBAファイナルで出場停止処分を下され、クリーヴランド・キャバリアーズに逆転負けした経験が、今のグリーンを生んだのだろう。

第2戦以降も熱く、冷静なパフォーマンスでウォリアーズを牽引してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】