ネットフリックス マイケル・ジョーダンの10時間ドキュメンタリー制作へ

【スポンサーリンク】

バスケットボール界の神様であるマイケル・ジョーダンの偉大な功績を称え、一大プロジェクトがたちあがったようだ。

The Hollywood Reporterによると、ESPNフィルムとネットフリックスがマイケル・ジョーダンの10時間に及ぶ超長編ドキュメンタリーを制作するという。

ドキュメンタリーは「The Last Dance」と名付けられ、2019年中に公開される見込みだ。

ジョーダンが最後にチャンピオンリングを獲得した1997-98シーズンが取り上げられ、500時間以上に及ぶ未公開映像が用いられていると報じられている。

同年のファイナルで劇的な決勝ジャンパーを決め、シカゴ・ブルズを2度目のスリーピートに導いたジョーダン。

10時間のドキュメンタリーでは、その裏側がくまなく明かされることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA