ウドニス・ハスレム「コーチングはしたくない」

【スポンサーリンク】

6月に38歳になるマイアミ・ヒートのウドニス・ハスレムは、現役を引退するのか、それとも続行するのかまだ決断していない。

オフシーズン中にじっくり時間をかけて考えると思われるが、少なくともコーチとして働くことはなさそうだ。

ハスレムはコーチ職について次のようにコメント。South Florida Sun Sentinelが伝えている。

「コーチングはしなくない。コーチは俺に向いてない」

「(ヒート組織内での仕事は)興味をそそるひとつかもね。ただ、俺は組織の一部でありたい。俺たちは役割を決めてない。俺は役割を決めてない。でも、組織の一部でありたいんだ」



ハスレムによると、元ヒートのアロンゾ・モーニングがハスレムとドウェイン・ウェイドにヒートの文化を伝えたように、ハスレムも若手たちにヒートの文化を伝えていくことが仕事だと感じているという。

ユニフォームを脱ぐか、それとも着続けるかはまだ分からないが、いずせにせよハスレムはこれからもヒートのために働く考えのようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA