【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「レビューできるシチュエーションということは知ってた」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントは、クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナル第1戦レギュレーション終盤に重要なフリースロー2本を決めてみせた。

一時はチャージングをコールされたものの、オフィシャルレビューの結果、レブロン・ジェイムスにブロッキングファウルがコール。

これによりデュラントはフリースロー2本を獲得したわけだが、ジェイムスのブロッキングファウルに関するオフィシャルレビューは、制限エリアの外にいたか、それとも内にいたかだけを確認するものと思われていた。

だが、ジェイムスがポジションを移動していたことが確認され、ブロッキングファウルに変更。

これを受け、ヘッドコーチやプレイヤー、そしてファンの多くはオフィシャルレビューに関する新たなルールを知ることとなったが、当事者であるデュラントはすでに知っていたようだ。

デュラントはジャッジが覆ったことについて次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「俺は昨季のレギュラーシーズン中に同じことを経験したことがある。ブロッキングだった。彼ら(オフィシャル)はブロッキングをコールした。そして彼らはレビューし、チャージングに変わった。俺はレビューできるシチュエーションだってことを知ったんだ。ゴールテンディングとブロッキングがチャージングか。彼らは2年前にルールを変えたのさ。アウト・オブ・バウンズのレビューもそう。だから俺は知ってた」

「俺のドライブに対し、彼(ジェイムス)は遅れてきた。そして彼らはチャージングをコールした。驚いた。だけど、彼らがレビューしてくれて良かったよ」

今回の件は、オフィシャルレビューのルールを周知する良いきっかけになったと言えるだろう。

来季は同様のプレイでレビューを求める声が増えることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA