【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギス レアル・マドリードの施設でリハビリ

レギュラーシーズン中に膝の前十字靭帯を断裂したニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスは、シーズンが終わった後に母国ラトビアに帰国した。

だが、リハビリを続けるにはラトビアではなく、スペインが最適だと感じたのかもしれない。

sny.tvによると、ポルジンギスはスペインを代表するクラブチームであるレアル・マドリードの施設でリハビリに取り組んでいるという。

レアル・マドリードはサッカーだけでなく、バスケットボールも最高峰クラス。

それゆえに、最先端の設備が用意されているのだろう。

2月に前十字靭帯を断裂し、10~12カ月の離脱が予想されているポルジンギス。

すでに来季全休の噂も出ているが、懸命なリハビリが実を結ぶことを願うのみだ。

なお、ニックスのゼネラルマネージャーを務めるスコット・ペリーは、ポルジンギスについて次のようにコメントしている。

「(ポルジンギスのリハビリは)予想通りに進んでる。夏を通して彼をモニターすることを楽しみにしてる。」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA