カワイ・レナード グレッグ・ポポビッチHCと話し合いか?

【スポンサーリンク】

カワイ・レナードとサンアントニオ・スパーズの間には亀裂が入っていると噂されている。

これによりレナードにはトレードの噂が浮上しているわけだが、レナードとグレッグ・ポポビッチHCが関係修復へ向けて動くかもしれない。

ESPNによると、レナードとポポビッチHCは日本時間6月22日のドラフトまでに話し合いの場を複数回持ち、関係改善を図る予定だという。

この話し合いの場では、関係修復について議論するのはもちろん、延長契約に関する話題も挙がるだろう。

レナードが納得できる延長契約をオファーしない場合、レナードとスパーズはトレードによる他チーム移籍という結論を見出す可能性も否定できない。

2017-18シーズンは辛くもプレイオフに進出するも、内部崩壊の危機にされされたスパーズ。

レナードとスパーズの関係は修復するのだろうか。

それとも袂を分かつことになるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA