ディアンドレ・ジョーダン ロケッツ移籍を希望?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダンはこの夏、プレイヤーオプションを破棄し、FAになる見込みだ。

クリス・ポールら主要プレイヤーが去り、さらに新加入メンバーの負傷離脱で低迷したクリッパーズ。

ジョーダンはその状況に不満を持っていたのかもしれない。

USA Todayによると、ジョーダンはチームメイトたちに対し、シーズン中からクリッパーズに対する不満をぶちまけ、ロケッツへの移籍希望を口にしていたという。

ただ、ジョーダンの希望が叶う可能性は、現時点では低いと言えるだろう。

ロケッツは制限付きFAになるクリント・カペラと再契約する見込みであり、その他にもレブロン・ジェイムスやポール・ジョージ獲得に動くとされているため、サラリーキャップの面でもジョーダン獲得に動くことは考え難い。

とはいえ、何が起こるか分からないのがFA市場だ。

果たして来季のジョーダンはどのチームのユニフォームを着てプレイしているのだろうか。

なお、今季のジョーダンは77試合に出場し、平均31.5分のプレイで12.0得点、15.2リバウンド(キャリアハイ)、1.5アシスト(キャリアハイ)、0.9ブロックショット(キャリアワースト)、FG成功率64.5%、フリースロー成功率58.0%(キャリアハイ)を記録。

キャリア10年ではレギュラーシーズン通算750試合に出場し、平均28.1分のプレイで9.4得点、10.7リバウンド、0.7アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率67.3%、フリースロー成功率44.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA